ロマン主義絵画
ロマン主義絵画 ©世界の歴史まっぷ

ロマン主義絵画

/

ロマン主義絵画 (19世紀〜) 19世紀初めから始まった、美術のロマン主義様式。人間の個性や感情を強烈な色彩と激しい構図で表現し、ウィーン体制下の自由主義・ナショナリズムが影響した。ジェリコー、ドラクロワなど。