ロンドン四国条約 (A.D.1840) 第2次エジプト=トルコ戦争の収拾のために開かれたロンドン会議(1840)の結果、イギリス・ロシア・プロイセン・オーストリアの4国が結んだ条約。ムハンマド=アリーのシリア領有が阻止され、これによりフランスのエジプトへの影響力がそがれ、ロシアの南下政策も後退した。