一条兼良

/ /

Previous Post

Next Post

一条兼良 いちじょうかねよし(A.D.1402〜A.D.1481) 室町時代の公卿・古典学者。関白・太政大臣。当時、日本無双の才人とうたわれ、朝廷の年中行事を解説した『公事根源』や『源氏物語』の注釈書である『花鳥余情』をはじめ、多くの研究書· 注釈書を著したほか、9代将軍足利義尚にささげた『樵談治要』などの政道論も残している。

Previous Post

Next Post