三国干渉
「漁夫の利」魚(朝鮮)を釣り上げようとする日本と中国(清)、横どりをたくらむロシア ジョルジュ・フェルディナン・ビゴー画
Previous Post

Next Post

三国干渉 (A.D.1895) 明治28年、下関条約で日本が遼東半島を獲得したことに対し、ロシア・ドイツ・フランスが返還を勧告した外交事件。日本は代償3000万テールで返還を了承。3国は干渉の報復として、租借地を得た。以後、臥薪嘗胆がしんしょうたんを合言葉に、ロシアに敵対する世論が高まる。

Previous Post

Next Post