三好長慶
三好長慶像 部分(大徳寺聚光院蔵/京都国立博物館寄与)©Public Domain

三好長慶

/ /

Previous Post

Next Post

三好長慶 みよしながよし・ちょうけい(A.D.1522〜A.D.1564) 戦国大名。1533(天文2)年家督を継ぎ、管領細川晴元の被官となり、幕府に出仕。和泉、河内の代官をつとめたが、のち晴元と対立。将軍足利義晴・義輝父子と晴元は京を脱出し、長慶は入京し畿内を制圧。細川氏に代って権力を握り、上洛して将軍足利義輝を後見して三好氏全盛時代を現出した。その勢力は四国・畿内全域に及び、松永久秀を京都所司代に任じて京都を警備させたが、晩年には久秀に実権を奪われ、飯盛城で没した。

Previous Post

Next Post