三角縁仏獣鏡
三角縁仏獣鏡 奈良県広陵町新山古墳出土 宮内庁蔵

三角縁神獣鏡

三角縁神獣鏡さんかくぶちしんじゅうきょう 銅鏡の形式の一種で、周縁の断面形が三角形を呈し、中国の神話に登場する神仙や霊獣を浮き彫りにした文様をもつ鏡。出現期から前期の古墳に多数副葬され、日本列島ではすでに400面近くが発見されている。卑弥呼が魏に使いを送った景初3(239)年やその翌年の正始元(240)年など魏の年号銘をもつものがあることなどから魏で製作された鏡で、卑弥呼が魏の皇帝から下賜された銅鏡100面もこれに当たると考えられていた。