上杉憲実 上杉禅秀 幕府の動揺と応仁の乱 足利義持・義教期の戦乱地図
義持・義教期の戦乱地図 ©世界の歴史まっぷ

上杉禅秀

/

Previous Post

Next Post

上杉禅秀 うえすぎぜんしゅう (上杉氏憲うえすぎうじのり) (?〜1417) 室町前期の関東管領、上総・武蔵両国の守護。本名は氏憲、禅秀は法名。犬懸上杉家4代当主。鎌倉公方・足利持氏に不満をもち管領職を辞任。持氏の叔父の足利満隆や将軍・義持の弟足利義嗣らと合力して挙兵(上杉禅秀の乱)。持氏を駿河に追い出し一時鎌倉を占領するが、反撃され満隆とともに自害。この乱で犬懸上杉家は大きく衰退した。

Previous Post

Next Post