天保の改革 上知令
天保の改革(1841〜43, 12代将軍家慶・老中水野忠邦)©世界の歴史まっぷ

上知令

/

上知令 じょうちれい 1843年、幕府の政治・経済基盤を再建するため、水野忠邦が江戸・大坂十里四方の大名・旗本の知行地を幕府直轄領にしようとした法令。替地を命じられた老中土井利位どいとしつらら大名・旗本の反対により失敗。これを契機に忠邦は失脚し、天保の改革も挫折した。