下関条約
下関講和談判 奥右)伊藤博文, 左)陸奥宗光, 手前右)李鴻章, 左)李経方(永地秀太画/聖徳記念絵画館壁画/ © 聖徳記念絵画館
Previous Post

Next Post

下関条約 (日清講和条約 A.D.1895)

下関で締結した日清戦争の講和条約。全権は日本が伊藤博文・陸奥宗光、清が李鴻章。清は朝鮮の独立を認め、日本へ遼東半島・台湾・澎湖諸島の割譲、賠償金2億両、揚子江沿岸の沙市・重慶・蘇州・杭州の開市・開港と揚子江航行権を与えた。

Previous Post

Next Post