世阿弥
世阿弥像(正法寺蔵)©Public Domain

世阿弥

/ /

Previous Post

Next Post

世阿弥 ぜあみ (生没年不詳) 室町時代の能役者。大和猿楽四座のひとつ観世座に出た観阿弥・世阿弥父子は、将軍義満・義持らの保護を受け、近江猿楽や田楽能などほかの芸能集団と競いながら洗練された芸の美を追究し、芸術性の高い猿楽能を完成した。観世座が演じる能を観世能、観世座の座長を観世大夫と呼ぶ。世阿弥は足利義教のとき、不興をかって佐渡に流されたが、観阿弥·世阿弥父子は、「砧」「井筒」など、能の脚本である謡曲を数多く書くとともに世阿弥は、能の神髄を述べた『風姿花伝(花伝書)』や『花鏡』などの理論書を残し、能の大成者となった。

Previous Post

Next Post