沿岸部を攻撃するフランス海軍
沿岸部を攻撃するフランス海軍

丙寅洋擾

丙寅洋擾へいいんようじょう (ピョンイニャンヨ) 1866年10月、丙寅教獄へいいんきょうごく(フランス人宣教師の処刑)を契機として、李氏朝鮮とフランス帝国との間で発生した戦い。 場所: 朝鮮半島 交戦: フランス 対 李氏朝鮮興宣大院君) 結果: 朝鮮軍の勝利