仰韶文化
人面魚の描かれた陶器(半坡遺跡)Wikipedia
Previous Post

Next Post

仰韶文化 (彩陶文化 ヤンシャオ文化) (紀元前4000年頃〜紀元前3000年頃) 彩文土器(彩陶)を特色とする、中国の新石器時代にあたる黄河文明前期を彩陶文化とよび、その遺跡が河南省澠池県仰韶村めんちけんぎょうしょうむらで最初に発見されたので、仰韶文化ぎょうしょうぶんかともよぶ。陝西せんせい甘粛かんしゅく省など主として黄河中流域に広く遺跡が分布し、仰韶文化の最大の遺跡「半坡遺跡」がある。

Previous Post

Next Post