保科正之
保科正之像(狩野探幽筆/土津神社蔵/福島県立博物館寄託/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

保科正之

/ /

Previous Post

Next Post

保科正之 ほしなまさゆき(A.D.1611〜A.D.1672) 2代将軍秀忠の落胤。信濃国高速藩主保科正光の養子となり、あとを継いで高速藩主、出羽山形藩主を経て、陸奥会津藩初代藩主。異母兄である3代将軍家光に重用され幕政に参画。家光逝去の際、幼い4代将軍家綱の輔弼役を託される。武家諸法度に殉死の禁止を追加するなど、善政を指導し、強権的だった武断政治路線を、文治政治に転換させた。

Previous Post

Next Post