倭寇
倭寇の侵略地と根拠地 ©日本大百科全書(ニッポニカ)
Previous Post

倭寇 わこう

  • 14世紀:前期倭寇 対馬・壱岐・肥前松浦地方を根拠地とする、日本人を中心とする海賊集団が朝鮮半島、中国大陸沿岸を荒らし回り、人々を捕虜にし、略奪を行った。高麗が衰亡した一因は、倭寇にあったと考えられている。
  • 16世紀:後期倭寇 東シナ海、南洋方面において、3割ほどの日本人と中国人、ポルトガル人が日本の銀と中国の生糸の交易を行いながら、海賊として行動した。豊臣秀吉が海賊取締令を発するに及んで、あとを断つことになった。
Previous Post