元寇 - 蒙古襲来絵詞
蒙古襲来絵詞 ©Public domain
Previous Post

Next Post

元冦

元寇 げんこう (蒙古襲来) 日本の鎌倉時代中期に、当時大陸を支配していたモンゴル帝国(大元ウルス)およびその属国である高麗王国によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称。1度目を文永の役ぶんえいのえき(1274年)、2度目を弘安の役こうあんのえき(1281年)という。蒙古襲来ともいう。いずれも失敗。特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、元寇以前では世界史上最大規模の艦隊であった。主に九州北部が戦場となった。

Previous Post

Next Post