尊王攘夷運動 八月十八日の政変
尊王攘夷運動の展開地図 ©世界の歴史まっぷ

八月十八日の政変


Previous Post

Next Post

八月十八日の政変 A.D.1863〜

1863年8月18日におきたクーデタ。薩摩・会津の公武合体派が朝廷内の同派と結んで長州藩主体の急進的尊攘派を京都から追放。その結果、三条実美沢宣嘉さわのぶよしら尊攘派の公家7名も長州に逃れた(七卿落ち)。

八月十八日の政変

1863年8月18日におきたクーデタ。薩摩・会津などの公武合体派が、中川宮朝彦なかがわのみやともひこ親王らの朝廷内の公武合体派と結んで、長州藩を中心とした急進的な尊攘派を京都から追放した事件。長州藩は宮門警備を解任され、三条実美さんじょうさねとみら急進派の公卿も京都から追放された。

¥946 (2021/08/03 10:41:37時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

薩摩・会津の公武合体派が朝廷内の同派と結んで長州藩主体の急進的尊攘派を京都から追放。その結果、三条実美や沢宣嘉さわのぶよしら尊攘派の公家7名も長州に逃れた(七卿落ち)。

参考 山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

近代国家の成立

開国と幕末の動乱

公武合体と尊攘運動

真木和泉まきいずみ(1813〜64)らは孝明天皇が大和に行幸し、天皇自ら攘夷戦争の指揮をとる計画もたてたがこの長州藩を中心とする尊攘派の動きに対して、薩麿・会津の両藩は朝廷内部の公武合体派の公家と連携し、ひそかに反撃の準備を進めていた。1863(文久3)年8月18日、薩摩·会津両藩兵が御所を固めるなか、長州藩の勢力と急進派の公家三条実美さんじょうさねとみ(1837〜91)らを京都から追放し 、朝廷内の主導権を奪い返した(八月十八日の政変)。

尊王攘夷運動 八月十八日の政変
尊王攘夷運動の展開地図 ©世界の歴史まっぷ
文久3年8月18日政変直後、三条実美や沢宣嘉ら7名の公家は、京都を脱出して長州藩に逃れた(七卿落ちちしちきょうおち)。

八月十八日の政変で失った勢力を回復する機会をうかがつていた長州藩は、1864(元治元)年、京都守護職の指揮下で京都市中の警備にあたっていた近藤勇(1834〜68)ら新撰組によって京都の旅館池田屋で20数名の尊攘派志士が殺傷された池田屋事件に憤激し、藩兵を京都に攻めのぼらせた。しかし、迎え撃った幕府側の薩摩·会津・桑名の藩兵と京都御所付近で戦い、敗走した。

¥2,750 (2021/08/03 10:40:43時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2021/08/03 10:40:43時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
広告
Previous Post

Next Post