執権政治へ 六波羅探題 執権政治 13人の合議制 鎌倉幕府職制(中期)図
鎌倉幕府職制(中期)図 ©世界の歴史まっぷ

六波羅探題

/ /

Previous Post

Next Post

六波羅探題 ろくはらたんだい (A.D.1221〜) 承久の乱後の処理をすませた北条泰時・北条時房は、その後も京都に残って六波羅の南北の居館に住み、京都守護にかわって京都市中の警備にあたった。彼らは六波羅探題ろくはらたんだいと呼ばれた。こののち、探題の任は執権につぐ要職となり、北条氏一門の有力者が任命された(通常2名。1名のことも)。探題は尾張国おわりのくに以西の西国御家人を統括し、幕府と連絡を取りながら、西国の行政・司法を管掌した。

Previous Post

Next Post