共和演説事件
尾崎行雄(国立国会図書館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

共和演説事件

/ /

共和演説事件 (A.D.1898) 第1次大隈内閣の文相尾崎行雄の舌禍ぜっか事件。尾崎は帝国教育会で金権政治を批判し、「日本に共和政治が行われたと仮定すれば、三井・三菱は大統領候補となろう」と演説、不敬として攻撃され辞職。