新と後漢 後漢 秦・漢帝国と世界 漢(王朝) ローマ帝国へ 匈奴 2世紀の世界地図
2世紀の世界地図 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

匈奴

紀元前4世紀頃からモンゴル高原で強力となった騎馬遊牧民。トルコ系あるいはモンゴル系といわれる匈奴きょうどは、単于ぜんうと呼ばれる統率者(君主)のもとで強大化し、内陸アジア東部で最初の遊牧国家を建設した。
1世紀頃、匈奴は南北に分裂、南匈奴は後漢に降伏、中国の北辺に定住し、五胡の一つとなる。ヨーロッパに侵入したフン人は、北匈奴の子孫が西方に移動したものとする説が有力である。

Previous Post

Next Post