北元 朝貢貿易 14世紀の東アジア 明(王朝) 明初の政治 アユタヤ朝 朝貢体制の動揺 明代のアジア(15世紀半ば) 地図
明代のアジア(15世紀半ば) 地図 ©世界の歴史まっぷ

元朝

タタール, オイラト

Previous Post

Next Post

北元 (A.D.1371〜A.D.1388)

洪武帝によって中国を追われた元朝の最後の皇帝・順帝(トゴン・テムル)がモンゴル高原に退き、北元として残った。北元は、高麗や雲南地方に残るモンゴル勢力と連絡して中国の奪回をはかったが順帝の子昭宗(アユルシリダラ)のとき、洪武帝の攻撃を受けて1388年に滅んだ。明で靖難の役がおこり、モンゴルに対する圧力が弱まると、モンゴルでは東に北元系のタタール部、西北にオイラト部がおこり、互いに勢力を争った。

Previous Post

Next Post