北条政子
北条政子(菊池容斎画)©Public Domain

北条政子

/ /

Previous Post

Next Post

北条政子 ほうじょうまさこ(A.D.1157〜A.D.1225) 鎌倉幕府初代将軍源頼朝みなもとのよりともの正室。北条時政の長女。二代将軍源頼家みなもとのよりいえ、三代将軍源実朝みなもとのさねともの母。頼朝の死後、実家の北条氏が台頭し、執権を独占・世襲した。頼家が比企氏など側近を重用て政治を乱し、御家人の不満が高まり、頼家が重病に倒れると将軍職から退け、伊豆修禅寺に幽閉。頼家失脚に反発した比企能員ひきよしかず一族を誅殺した。2年後には、政権奪取を目論んだ、父執権北条時政を伊豆に幽閉。三代将軍実朝は源頼家の子の公暁くぎょうに殺され、源氏の正統は3代27年で断絶した。幕府の混乱を好機到来とみた後鳥羽上皇は倒幕の兵を挙げた(承久の乱)。

Previous Post

Next Post