箸墓古墳 卑弥呼
箸墓古墳 墳丘長280mで出現期の前方後円墳としては最大の規模を持つ。倭迹迹日百襲姫命の墓と伝えられる。Source: Google Earth
Previous Post

Next Post

卑弥呼 (生没年不詳) 卑弥呼ひみこは、3世紀初め頃、約三十の小国を従えた邪馬台国連合の女王。しばしば魏に朝貢し、「親魏倭王」の称号と金印紫綬や100枚の銅鏡、真珠など王位の象徴物を授けている。大陸外交を展開して、中国史書にその名をとどめた(『魏志』の「倭人伝」)。日本に関する記録上、名前が明らかにわかる最初の人物。

Previous Post

Next Post