南光坊天海
南光坊天海 ©Public Domain

南光坊天海

南光坊天海 なんこうぼうてんかい(A.D.1536?〜A.D.1643) 天台宗の僧。比叡山の南光坊に住んでいたが、徳川家康の信任を得て、川越の喜多院や下野国日光山を主宰したほか、徳川秀忠の命により、江戸上野に東叡山寛永寺を開いた。家康の側近として諮問にこたえた。家康の神号をめぐり、天海が主張した「大権現」が採用された。