南溝手遺跡
南溝手遺跡 Sourse: 全国遺跡報告総覧

南溝手遺跡

/ /

南溝手遺跡 南溝手遺跡みなみみぞていせき は、岡山県総社市南溝手にある縄文時代から近世の遺跡。 縄文時代後期の遺跡から、籾の痕がついた土器が見つかり、縄文人はすでに稲を知っており栽培していたとも考えられている。 縄文時代: 後期包含層 古墳時代~古代: 古墳時代前期初頭の五角形住居 奈良時代: 奈良三彩や円面硯出土。