隋唐演義 単雄信
単雄信 「隋唐演義」©浙江永楽影視制作有限公司

単雄信

Previous Post

Next Post

単雄信 (581年〜621年) 単雄信ぜんゆうしんは、二賢荘の主人で、十三省の緑林を統べる元締め。旧知の仲だった秦瓊が病に倒れ困窮したときはその危機を救った。妹・単盈盈の奔放な気性に手を焼きながらも可愛がっている。羅成とは当初対立するが、後に和解、瓦崗寨の同志として共に戦った。李密を見限って瓦崗寨を離れた後、王世充の娘と結婚。秦瓊らに唐への帰順を勧められるも、かつて李世民の父・李淵の軍に一族を殺された恨みから拒絶する。(隋唐演義)

Previous Post

Next Post