占田・課田制

Next Post

占田・課田制 (280年) 西晋の武帝(司馬炎)がおこなった土地制度。 占田は、土地所有の最高限度を定めたもので、男子70畝、女子30畝を上限とし、官人には官品にしたがって上限がそれぞれ定められた。 課田の解釈には、農民に国有地を割りつけ耕作させたとする説など種々のものがある。

Next Post