原人
トゥルカナ ボーイ ケニア出土、150万年前、ホモ・エルガスターの少年。複製 国立科学博物館蔵
Previous Post

Next Post

原人
更新世前期から中期(約180万〜20万年前)に生存した化石人類。類人に比べ知力が著しく発達し、環境適応能力は大幅に改良され、アフリカからアジア・ヨーロッパに広く分布した。

原人

更新世前期から中期(約180万〜20万年前)に生存した化石人類。類人に比べ知力が著しく発達し、環境適応能力は大幅に改良され、アフリカからアジア・ヨーロッパに広く分布した。

¥946 (2021/10/16 20:56:58時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

先史時代年表

実年代
(年前)
地質
年代
史的
年代
考古
年代
人類経済・社会・文化
500万年








初源期の人類の出現
400万年アウストラロピテクス・アファレンシス猿人獲得経済(狩猟・採集)
礫石器の使用
言語の形成
道具の製作
火の使用









250万年ホモ・ハビリス
130万年ジャワ原人原人
50万年北京原人
12万年





ネアンデルタール人旧人埋葬開始(宗教の起源)
剥片石器の使用
骨角器の製作・漁労
弓矢の発明
洞窟絵画
4万年前





フマーネ洞窟の壁画
6万年クロマニョン人
周口店上洞人
新人
3万6000年前ショーヴェ洞穴の壁画
2万年前







ラスコー洞窟の壁画
1万年





農耕・牧畜開始, 生産経済に入る
磨製石器・土器・織物・煉瓦・村落定住
4000年



シュメール
セム語系・エジプト語系民族の登場
インド・ヨーロッパ語系民族の登場
灌漑農業・犂耕・手工業・交易開始
青銅器・文字・神殿の出現
都市・階級の成立
奴隷の発生
3000年





分業の発達
鉄器の普及
国家の成立
※上記の実年代算定は、人類学・考古学・地質学により、また研究者によって相当の差がある。
先史時代の遺跡地図
先史時代の遺跡地図©世界の歴史まっぷ
広告
Previous Post

Next Post