反逆者たちの懲罰
反逆者たちの懲罰(サンドロ・ボッティチェリ画/システィーナ礼拝堂蔵)©Public Domain

反逆者たちの懲罰


反逆者たちの懲罰 (Wikipedia)
『反逆者たちの懲罰』
イタリア語: Punizione dei ribelli
英語: Punishment of the Rebels
Botticcelli, Sandro - The Punishment of Korah and the Stoning of Moses and Aaron - 1481-82.jpg
作者サンドロ・ボッティチェッリ
製作年1481年-1482年
種類フレスコ
寸法348.5 cm × 558 cm (137.2 in × 220 in)
所蔵システィーナ礼拝堂ヴァチカン市国

反逆者たちの懲罰』(はんぎゃくしゃたちのちょうばつ、: Punizione dei ribelli, : Punishment of the Rebels)は、ルネサンス期のイタリアの巨匠サンドロ・ボッティチェッリが1481年から1482年にかけて制作した絵画である。フレスコ画。主題は『旧約聖書』「民数記」で語られているユダヤ人コラ英語版の反乱のエピソードから取られている。

1470年代後半以降、ボッティチェッリの名声は広がり、フィレンツェの外からも注文が舞い込むようになった。その中で最も有名かつ重要なものが、ローマ教皇シクトゥス4世に招聘されたシスティーナ礼拝堂のフレスコ画による壁画装飾である。ボッティチェッリは『旧約聖書』および『新約聖書』から3つの場面と、11点の歴代教皇の肖像画を制作した。

システィーナ礼拝堂壁画の中でも最も重要な作品の1つとして知られる。

広告