古曽部・芝谷遺跡

/

Previous Post

Next Post

古曽部・芝谷遺跡 弥生時代後期初頭・古墳時代・奈良時代  古曽部・芝谷遺跡こそべ・しばたにいせきは、標高80~100メートルの丘陵上に営まれた最大級の高地性環濠集落跡。丘陵の中腹に幅約5メートルの環濠が東西600メートル、南北500メートルに及ぶ居住地をめぐり、100棟以上の住居や木棺墓がみつかった。数多くの土器にまじって鉄製の斧や鏃なども出土。このころ激しくなった集落間の争いを避けるため、こうした丘陵上に移住したのだといわれている。

Previous Post

Next Post