古都奈良の文化財 薬師寺 白鳳文化
大池からみた薬師寺Source Wikipedia

古都奈良の文化財

Previous Post

Next Post

古都奈良の文化財 710年からの74年間、日本の都平城京として栄えた歴史を伝える歴史的遺構が「古都奈良の文化財」である。元明天皇によって唐の長安をモデルに造営された平城京は、道が碁盤の目状に配された計画都市。日本の政治、経済の中枢でり、同時代に花開いた天平文化の中心地でもあった。世界遺産には、東大寺、興福寺、元興寺、薬師寺、唐招提寺、春日大社の6つの寺社と、奈良時代をしのばせる特別史跡の平城宮跡、特別天然記念物の春日山原始林の8資産が登録されている。これらは各資産の個別の価値が認められたのに加えて、8資産全体で奈良時代の歴史と文化を物語っていることも評価された。

世界遺産情報

古都奈良の文化財

日本
登録日
1998年
宗派
仏教
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/870/
登録区分
文化遺産
登録名
古都奈良の文化財
その他
(2),(3),(4),(6)
Previous Post

Next Post