司馬睿
晋元帝像 ©Public Domain
Previous Post

Next Post

司馬睿 (A.D.276〜A.D.323) 司馬睿しばえいは、東晋初代皇帝(在位318年 - 322年)。琅邪ろうや司馬覲しばきんの子。はじめ東海王越(司馬越しばえつ)の支配下にあり、越の意向によって307年建康に鎮した。以後、近侍の王導をはじめとする北人名族や江南の土着豪族の支持を得て次第に江南に勢力を固め、西晋最後の皇帝愍帝びんてい司馬鄴しばぎょう)の死が伝わると、推されて晋室最後の生き残りとして皇帝の位につき、東晋を建てた。しかしその王朝権力は弱く、322年武将王敦おうとんの反乱が起り、その勢力に押されたまま没した。

Previous Post

Next Post