吉備真備
『皇国二十四功 吉備大臣』月岡芳年作 ©Public Domain
Previous Post

Next Post

吉備真備 (A.D.695〜A.D.775)

吉備真備きびのまきびは、奈良時代の学者・公卿。遣唐使(留学生)。養老元(717)年に阿倍仲麻呂・玄昉らと共に入唐し、経書と史書、天文学・音楽・兵学などを幅広く学び、天平6(734)年に多くの典籍を携えて帰朝。橘諸兄のブレーンとして玄昉とともに活躍。天平12年真備らの追放を口実とした藤原広嗣の乱がおこる。天平勝宝2(750)年筑前守に左遷されたが、翌3年入唐使として渡唐、天平勝宝6年帰朝した。天平宝字8(764)年恵美押勝の乱に功があり、天平神護2(766)年右大臣。神護景雲3(769)年『刪定律令』を編纂、正二位。下道真備から吉備真備へ改名。

Previous Post

Next Post