吉田兼倶
吉田神社斎場所大元宮(重要文化財)画像出典:京都もよう KYOTO MOYOU

吉田兼倶

/

Previous Post

Next Post

吉田兼倶 よしだかねとも(A.D.1435〜A.D.1511) 室町時代。代々京都の吉田神社の神職だったが、反本地垂迹説に基づき、神道を中心に儒学・仏教を統合しようとする唯一神道(吉田神道)を完成し、大元宮と称する八角形の神殿と斎場を建造するなどして、吉田神社の権威の上昇をはかった。全国の神社を支配し、江戸時代になると幕府によって公認され、神職につくものは吉田家から「神道裁許状」を受けることが義務づけられるようになった。

Previous Post

Next Post