同治帝
同治帝(故宮博物院蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

同治帝


咸豊帝

光緒帝

Previous Post

Next Post

同治帝 どうちてい( A.D.1856〜A.D.1875)

清朝第10代皇帝(在位1861〜1875)。咸豊帝西太后の子。その治世は内政・外交の小康期で「同治の中興」と呼ばれる。1873年から親政を開始したが、実権は西太后に握られていた。

同治帝

清朝第10代皇帝(在位1861〜1875)。咸豊帝と西太后の子。その治世は内政・外交の小康期で「同治の中興」と呼ばれる。1873年から親政を開始したが、実権は西太后に握られていた。

¥946 (2021/09/23 20:46:32時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

アジア諸地域の動揺

東アジアの激動

洋務運動

アロー戦争後の清朝では、幼年の同治帝どうちてい(位1861〜74)にかわって、叔父の恭親王奕訢きょうしんのうえききん(1832〜98, 初代総理衙門長官も務める)が朝廷の中心となり、従来の排外主義を転換した。そのため外国との和親や西欧の進んだ技術の摂取と、近代産業の育成と富国強兵による国家体制の再建がはかられた。このような試みを洋務運動という。

¥2,750 (2021/09/23 20:44:18時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post