呉楚七国の乱
呉楚七国世系 ©Public Domain
Previous Post

Next Post

呉楚七国の乱 (紀元前154) 前漢第6代の景帝(漢)のときにおきた、呉王を中心とする劉氏一族の7人の諸侯がおこした反乱。呂后の時代に功臣出身の異姓の諸侯は滅ぼされた。劉氏一族の諸侯はしだいに勢力が強まり、中央政府に反抗的になったため、諸侯の領土の削減をはかると、呉王を中心に反乱となった。約3ヵ月後、呉王らが殺され乱は鎮圧、諸侯の権力は弱められた。

Previous Post

Next Post