商業ルネサンス ロンバルディア同盟 中世都市の成立と遠隔地商業 ハンザ同盟 遠隔地商業 中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図
中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図 ©世界の歴史まっぷ

商業ルネサンス (11〜12世紀) 十字軍以降、諸地域の物産物を海路や陸路を通じて交易する、遠隔地貿易が発達した。11〜12世紀に見られるこのような商業や都市の発展を、商業の復活(商業ルネサンス)とよぶ。イタリア諸都市は東方貿易で繁栄し、北ドイツ諸都市はリューベックを盟主にハンザ同盟を結び、北方における遠隔地貿易をになった。地中海と北海・バルト海商業圏を結びつけるルートが生まれ、河川輸送の便に恵まれたシャンパーニュ地方が繁栄し、14世紀には沿岸航路の開拓により、繁栄の中心は毛織物工業で知られるフランドル地方に移行した。