化政美術
寛政三美人(喜多川歌麿筆/トレド美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

喜多川歌麿


Previous Post

Next Post

喜多川歌麿 きたがわうたまろ ( A.D.1753〜A.D.1806)

浮世絵師。勝川春章かつかわしゅんしょう・鳥居清長の影響下に出発し、美人大首絵の新様式を開拓。色彩鮮やかで、美人画の最高峰といわれる。「寛政三美人」「当時全盛美人揃」「婦女人相十品」など。

喜多川歌麿

浮世絵師。勝川春章かつかわしゅんしょう・鳥居清長の影響下に出発し、美人大首絵の新様式を開拓。色彩鮮やかで、美人画の最高峰といわれる。「寛政三美人」「当時全盛美人揃」「婦女人相十品」など。

created by Rinker
¥946 (2022/11/29 10:30:09時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

美人画の大家

浮世絵師。鳥山石燕の弟子。勝川春章や鳥居清長の影響下から始め、版元・蔦屋重三郎のもと、「美人大首絵」という浮世絵の新しいジャンルを開拓した。色彩豊かな美人画の最高峰とされる。豊臣秀吉をテーマにした浮世絵が幕府の逆鱗に触れ、手鎖の処分を受けた。

参考 ビジュアル版 日本史1000人 下巻

幕藩体制の動揺

化政文化

化政美術

寛政期には、『婦女人相十品』など多くの美人画を描いた喜多川歌麿きたがわうたまろ(1753-1806)、個性豊かに役者絵・相撲絵を大首絵おおくびえの手法を駆使して描いた東洲斎写楽とうしゅうさいしゃらく(生没年不詳)らが優れた作品を生み出した。

created by Rinker
¥2,750 (2022/11/29 10:43:17時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
created by Rinker
¥2,750 (2022/11/29 10:43:17時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739

ギャラリー

喜多川歌麿
婦女人相十品 ポッピンを吹く女(喜多川歌麿筆/画像出典:WIKIMEDIA COMMONS
喜多川歌麿
當時全盛美人揃・越前屋内唐土(喜多川歌麿筆/東京国立博物館蔵/画像出典:ColBase
広告
Previous Post

Next Post