四国艦隊下関砲撃事件
四国艦隊下関砲撃事件(連合国によって占拠された長府の前田砲台/フェリーチェ・ベアト/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
Previous Post

Next Post

四国艦隊下関砲撃事件 (A.D.1864) 長州藩外国船砲撃事件の報復と関門海峡通行の安全を確保するため、1864年に英・仏・米・蘭の四国連合艦隊が下関を砲撃し、陸戦隊を上陸させて下関砲台などを占領した事件。幕府は300万ドルの賠償金を支払った。この結果、長州藩では開国を主張する勢力が台頭した。

Previous Post

Next Post