坤輿万国全図
坤輿万国全図 chinesische

坤輿万国全図 (1602年) 明末に北京で刊行された世界地図。イタリア人のイエズス会宣教師マテオ・リッチが李之藻りしそうの協力のもと16世紀までの知識をもとに作成した。東南アジアや日本、アメリカ北西部が不正確で、古来の「南方の未知の大陸」が描かれている。日本にも版本がもたらされ、江戸時代中期の世界認識に多大な影響を与えた。宮城県図書館には版本が所蔵され、着色写本とともに国の重要文化財に指定されている。