夢窓疎石
夢窓疎石と庭園 ©世界の歴史まっぷ

夢窓疎石

/ /

Previous Post

夢窓疎石 むそうそせき (A.D.1275〜A.D.1351) 南北朝時代の臨済宗の僧。将軍足利尊氏のあつい帰依を受け、臨済宗の、とりわけ夢窓疎石の流派が、室町幕府の保護のもとで大いに栄えた。 元弘の変以来の戦死者の霊を弔うため、国ごとに安国寺・利生塔りしょうとうと呼ばれる一寺一塔を建立させ、また後醍醐天皇を追善するため尊氏らの援助で天竜寺を造営し、自らその開山となった。疎石は漢詩文に巧みであったほか、作庭の分野でも西芳寺庭園や天龍寺庭園などの名園を残し、禅宗文化の興隆にも大きく貢献した。

Previous Post