大仙陵古墳(仁徳天皇陵) 古墳の造営
大仙陵古墳(仁徳天皇陵)Source: Google Map

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)

/ /

Previous Post

Next Post

大仙陵古墳(仁徳天皇陵) 5世紀前半頃 日本列島で最大の規模をもつ古墳。実際の被葬者は不明であるが宮内庁により「百舌鳥耳原中陵もずのみみはらのなかのみささぎ」として第16代仁徳天皇の陵に治定されている。築造に延べ約680万人の人員と、約16年の歳月が必要であったと計算されている。長持形石棺を納めた竪穴式石室が発見され、金銅製の眉庇付冑まびさしつきかぶと短甲たんこう、ガラス器、鉄刀などが出土したと伝えられている。

Previous Post

Next Post