大塩の乱
出潮引汐奸賊聞集記 (画像出典:大阪歴史博物館

大塩の乱

/

Previous Post

Next Post

大塩の乱 (A.D.1837) 大坂町奉行所の元与力で陽明学者の大塩平八郎らは、天保の飢饉による貧民の窮乏を大坂町奉行に訴えたが容れられず、近隣農村に決起を促して蜂起したが、鎮圧される。各地に一揆を誘発し、それが与えた影響は広く深かった。

Previous Post

Next Post