大宛(フェルガナ) 紀元前2世紀頃の内陸アジアの地図
紀元前2世紀頃の内陸アジアの地図 ©世界の歴史まっぷ

大宛(フェルガナ)


突厥

Previous Post

Next Post

大宛(フェルガナ) (紀元前2世紀頃〜6世紀)

大宛だいえんは、中央アジアのフェルガナ地方。張騫が大月氏へ行く途中に大宛と康居を経たため、帰国後の報告で大宛の汗血馬の存在を知った武帝は(漢)は、李広利を派遣して3000頭の名馬を連れて帰った。大宛は、6世紀に突厥に支配される。

大宛(フェルガナ)

内陸アジア世界の変遷

遊牧民とオアシス民の活動

スキタイと匈奴
紀元前2世紀頃の内陸アジアの地図
紀元前2世紀頃の内陸アジアの地図 ©世界の歴史まっぷ

騎馬遊牧民と中国の対立の中にあって、「絹の道」(シルク・ロード)と後世名付けられた内陸アジアの東西交易路を結ぶオアシス地帯が、つねに両者の勢力争いの対象のひとつであった。
交易の利を騎馬遊牧民が確保するか、中国がこれを手に入れるかは、両者にとって重要な問題であった。そのため匈奴による西域進出がしばしばみられ、前漢武帝(漢)は、パミールを越え、フェルガナ大宛だいえん)まで軍隊を送り、宣帝(漢)のときは、西域都護府をおいて西域を治めるようになった。 後漢の西域都護 班超の30年余にわたる西域経営はあまりにも有名である。

東西を結ぶ交通路
大月氏国 冒頓単于 スキタイと匈奴 漢の興起 月氏 バクトリア王国 パルティア 紀元前2世紀後半の世界地図
紀元前2世紀後半の世界地図 ©世界の歴史まっぷ

ユーラシア大陸の東西を結ぶ交通路は紀元前から存在した。そのうちのひとつは、中央アジアのオアシスを相互に結びつけて形成されたものであり、東アジアとインド・西アジア・ヨーロッパを結ぶ幹線であった。この幹線上に古くから多くの国々が興亡した。
紀元前3世紀中ごろ、アム川上流の南岸にギリシア人が建国したバクトリア、その滅亡後、同じ地域に拠った大月氏、シル川上流に位置したフェルガナ(大宛)の勢力などがその例である。

内陸アジアの風土と人々
突厥 6世紀末の内陸アジア地図 ササン朝
6世紀末の内陸アジア ©世界の歴史まっぷ

オアシス地帯では、東西の交易が行われ、オアシスの道(絹の道、シルク・ロード)が生まれた。交易の中心となったのは、イラン系ソグド人であったが、周辺民族の干渉も盛んであった。このため、6世紀には突厥とっけつの支配がおよび、9世紀にウイグル人の移住が進んでからは、トルコ系の要素が強くなり、 トルキスタンと呼ばれるようになった。またこのころからイスラーム化も一段と進んだ。

諸地域世界の交流

東西文物の交流

人物の往来
大旅行家の行程地図
大旅行家の行程地図 ©世界の歴史まっぷ
張騫
前漢の最大領域と張騫の行路地図
前漢の最大領域と張騫の行路地図 ©世界の歴史まっぷ

シルク・ロードの交通に、大きな役割を果たしたのが張騫(?〜紀元前114)の西域旅行である。張騫は、紀元前139年頃から紀元前126年頃にかけて前漢武帝(漢)の命を受けて大月氏国へ赴いた。当時漢に敵対する匈奴を挟み撃ちにするための同盟を結ぶことが目的であった。彼は途中匈奴に捕らえられ、10年近くを匈奴で過ごしたが、抜け出して大宛(フェルガナ)、康居こうきょをへて大月氏国にたどり着いた。しかしアム川の上流に安定した国家を営んでいた大月氏国では、武帝(漢)の同盟策は受け入れられなかった。こうして張騫は帰国したが、帰国後、彼のもたらした西域の情報は、中国人にとって極めて魅力的であった。名馬として知られ、1日に千里走ると言われた大宛の汗血馬かんけつばや于闐(コータン)のぎょくは、極めて魅力的な品であった。また中央アジアにおいても、中国の使者がもたらした絹などの品々を珍重した。ここに、後世シルク・ロードと呼ばれる交易路が出来上がるのである。

アジア・アメリカの古代文明

中国の古代文明

武帝の政治
西域とは、中国人が西方一帯をさしていう呼称。範囲は時代によって異なる。漢は、西域36カ国といい、タリム盆地周辺のオアシス都市国家をまとめてこのように称した。

そののち武帝は張騫を烏孫うそんに使者として派遣したり、服属を拒否した大宛だいえん(フェルガナ)に遠征したりして、タリム盆地の諸都市にまで支配を広げた。

大宛遠征と汗血馬
張騫の報告した西方のめずらしい産物のうちで、武帝(漢)が特に注目したのは大宛(フェルガナ)の汗血馬かんけつばであった。漢では天馬てんばといわれ、1日に千里走り、血の汗を流したといわれる。李広利りこうりの大宛遠征では、3000頭の名馬を連れて帰った。大宛は、東西交通の要衡にあたるため、これ以前にもアケメネス朝ペルシアや、それに続くアレクサンドロス3世の征服を受けている。
馬踏飛燕
馬踏飛燕(甘粛省武威市 雷祖廟雷台漢墓)Wikipedia

甘粛省武威市の雷祖廟雷台漢墓から出た有名な馬の銅像・「馬踏飛燕ばとうひえん」はこの馬をモデルにしたと言われる。

¥2,750 (2021/07/31 10:38:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post