大徳寺
大徳寺唐門(国宝/大徳寺)画像出典:京都春秋

大徳寺

/ / /

Previous Post

Next Post

大徳寺 だいとくじ 臨済宗大徳寺派。鎌倉時代末期の1315(正和4)年に大燈国師・宗峰妙超禅師が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休宗純が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営む。山門は、二階部分を千利休によって増築され、金毛閣と称し、利休居士の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休居士自決の原因となった。方丈の正面に聚楽第から移築した唐門(国宝)、什宝には牧谿筆観音猿鶴図(国宝)、絹本着色大燈国師頂相(国宝)他。現在境内には、別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺が甍を連ね、それぞれに貴重な、建築、庭園、美術工芸品が多数残されている。

Previous Post

Next Post