大渓文化

Previous Post

Next Post

大渓文化 (たいけいぶんか) 
重慶市巫山県大渓遺跡を代表とする。紀元前5000年頃 – 紀元前3000年頃 彩文紅陶(紋様を付けた紅い土器)が特徴で、後期には黒陶・灰陶が登場。灌漑農法が確立され、住居地が水の補給のための水辺から大規模に農耕を行う事の出来る平野部へ移動した。

大渓文化

広告
Previous Post

Next Post