大黒屋光太夫
『光太夫と露人蝦夷ネモロ滞居之図』光太夫らが、ロシア使節ラクスマンに伴われ8年ぶりに日本へ帰国、ネモロ(根室)に到着したときの様子。松前藩士から借覧して模写された。画像出典:早稲田大学図書館 WEB展示会

大黒屋光太夫

/

大黒屋光太夫 だいこくやこうだゆう (A.D.1751〜A.D.1828) 伊勢の先頭。1782年、伊勢から江戸へ向かう途中で遭難。漂流8ヶ月、アリューシャン列島でロシア人に救われ、首都ペテルブルクで女帝エカチェリーナ2世に謁見。その後、ラクスマンの船で根室に帰着。桂川甫周が聴取して編纂した『北槎聞略』は、重要なロシア研究書ともなった。