天明の飢饉 浅間山大噴火
浅間山噴火夜分大焼之図 画像出典:山川 詳説日本史図録

天明の飢饉

/

Previous Post

Next Post

天明の飢饉 てんめいのききん(A.D.1782〜A.D.1787) 天明2(1782)年から1787年にかけての全国的飢饉。1782年は天候不順で凶作、1783年は春から冷雨が続き、さらに洪水、浅間山の大噴火のため大凶作となった。1784~6年も不作で慢性的な大飢饉となり、各地で餓死、行き倒れ、病死が続出、とくに陸奥でひどく、津軽藩などでは餓死者が十数万にも達し、住民が死に絶えた村もでたといわれる。荒廃と食糧の不足から百姓一揆が諸所に頻発、老中田沼意次失脚の一因となるとともに、東北諸藩の藩政改革推進の契機となった。

Previous Post

Next Post