天草四郎時貞
天草四郎像 ©Public Domain

天草四郎時貞

Previous Post

Next Post

天草四郎時貞 あまくさしろうときさだ(A.D.1621?〜A.D.1638) キリスト教信仰を介して合流した肥前島原半島と肥後天草諸島の一揆、島原の乱の総大将として幕府軍と戦った。天草四郎とも呼ばれる。キリシタン大名で関ヶ原の戦いに敗れて斬首された小西行長の遺臣・益田好次の子。1637(寛永14)年島原の乱の首領に推され、キリシタン大名有馬晴信の故城である原城に籠城したが、同15年2月討死、長崎で梟首された。

Previous Post

Next Post