孝文帝
北魏孝文帝像 ©Public Domain

献文帝

宣武帝

Previous Post

Next Post

孝文帝 (A.D.467〜A.D.499) 孝文帝こうぶんていは、南北時代(中国)北朝北魏の第6代皇帝(在位471年9月20日 - 499年4月26日)。5歳で即位し20年間、祖父文成帝の皇后(馮太后ふうたいごう)が執政。親政開始後、洛陽への遷都を強行、胡服・胡語の使用を禁じ、鮮卑族の漢化を積極的に推進したが、死後、六鎮の乱が勃発、北魏滅亡の遠因となった。

Previous Post

Next Post