孫臏
孫臏 ©Public Domain

孫臏


Next Post

孫臏 (紀元前4世紀頃)

戦国時代(中国)の兵家。孫武の子孫。兵法書『孫子』は、最近の調査では、春秋時代の将孫武とその子孫で、戦国時代の斉の参謀孫臏の2人の著とされている。学友のの将軍龐涓ほうけんの罠にはまり、両足切断のうえ顔に入れ墨をされる。威王(斉)の軍師として仕え、馬陵の戦いで魏軍を撃破し龐涓を自殺に追い込んだ。

孫臏

両足切断の怨に報いる

戦国時代の兵家。孫武の子孫。魏の将軍となった学友の龐涓ほうけんから才能を妬まれ、罠とは知らずに魏へ赴いたところ、罪に落とされ、両足切断のうえ顔に入れ墨をされる。のちの威王(斉)いおうに軍師として仕え、将軍の田忌でんきとともに魏軍を馬陵において撃破(紀元前341)。このとき龐涓ほうけんに罠を仕掛け、自殺に追い込んだ。

¥2,640 (2022/08/19 07:04:49時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

アジア・アメリカの古代文明

中国の古代文明

古代思想界の開花
兵家

兵法を論じた兵家へいかがあり、戦国時代に兵法書が多く作られた。

兵法書『孫子そんし』は、最近の調査では、春秋時代の呉の将孫武とその子孫で、戦国時代の斉の参謀孫臏の2人の著とされている。

戦術や戦略を研究して、一家をなした孫武そんぶ孫臏そんぴん呉起ごきらの兵法学者が現れた。

詳説世界史研究

広告
Next Post